型枠工事にはどのような材料が使われている?

|

こんにちは!京都府京都市を拠点として、型枠工事を手掛けております株式会社藤下です。
型枠工事のご依頼を検討中の方は、型枠工事でどのような材料が使われているのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 型枠工事を行う際は、さまざまな材料が必要になります。
そこで今回は、型枠工事で使われる材料について解説いたします。

パネルと呼ばれる型枠

型枠工事のようす

型枠工事には、まずパネルと呼ばれる型枠が必要です。
型枠パネルは、コンクリート型枠用合板(ベニヤ)や桟木により構成されている点が特徴です。
一般的に型枠パネルは数回使用すると表面が傷み始めます。
しかし、桟木はベニヤの表面よりも傷まない点が特徴です。
また、新品のベニヤに張り替えれば、再度現場で用いることも可能です。
ベニヤの張り替えを行うことで、倉庫でパネルが余らないなどの利点もあります。
加えて、1つのパネルそのものの転用回数も上昇します。
型枠パネルは、このような特徴を持った資材といえるでしょう。

セパレーター・ホームタイ

型枠工事では、セパレーターやホームタイといった資材も用いられます。
セパレーターとは、型枠工事で必ず用いられる金物であり、コンクリートの厚みを決めるために使用される資材です。
コンクリート壁の厚みは、設置する型枠の幅が重要になります。
セパレーターは、この幅を一定にするために使われる金物です。
一方のホームタイとは、型枠の間隔を一定に保ち締め付けておくために用いられるボルトです。
型枠の中にコンクリートを打設する際は、外側に膨らむ側圧という力が何トンもかかります。
その側圧に負けることなく型枠を維持するために、型枠の外側から内側へ締め付けて型枠の間隔を維持する必要があるのです。

株式会社藤下へご相談ください!

株式会社藤下では、型枠工事のご依頼を受け付けております。
弊社では丁寧で高品質な施工を心掛けており、これまで住宅・公共施設・ホテルなど多種多様な現場のご依頼をいただいております。
個人・法人を問わず、ご依頼を承っておりますので型枠工事をご用命の際は、ぜひ弊社にご相談ください!

【求人】株式会社藤下では新規スタッフを募集中

株式会社藤下では、共に働いていただける現場スタッフを募集しております。
弊社はプロフェッショナルな型枠大工の育成に力を入れている点が強みです。
そのため、未経験の方でも安心してご応募いただくことが可能です! 弊社のベテランスタッフが丁寧に指導いたしますので、ご安心ください。
型枠工事に携わってみたいという意欲のある方は、ぜひお気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

お問い合わせ

型枠工事なら京都府京都市の株式会社藤下へ|現場スタッフ・型枠求人
【本社】
〒612-8494
京都府京都市伏見区久我東町1番地223
TEL:075-203-9275  FAX:075-201-4029

【資材センター】
〒610-0121
京都府城陽市寺田西ノ口51番地1
TEL&FAX:0774-26-5490
型枠工事にかかる費用につ...
3分で丸分かり!型枠工事の...