型枠工事にかかる費用について

|

こんにちは!京都府京都市に事務所を構え、型枠工事に従事しております株式会社藤下です。
型枠工事を検討する際は、型枠工事にかかる費用が気になるのではないでしょうか? 依頼する際は、費用をチェックしておくことが重要になります。
そこで今回は、型枠工事にかかる費用例をご紹介いたします。

労務費

型枠工事には労務費というものが必要であり、人件費のうち製品を生産するために発生した費用を指します。
また、作業スタッフの通勤費などが含まれる点も特徴です。
下記では労務費の1例をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。
労務費の単価は、1平米あたりの拾い出しに500円から1,000円がかかります。
また、加工費用には800円から1,000円が必要です。
そして組み立て費には、3,000円から5,000円ほどがかかります。
金物代にかかる費用は、5円から10円程度です。
他にも、釘仕舞として1,000円から2,000円程度必要となります。
この中では、組み立て費に最も費用がかかることが分かります。
ただし、上記は1例であるため、費用は都度業者に確認しましょう。

資材費

型枠工事の費用をチェックする際は、資材費にも着目してみましょう。
資材費には、コンパネや目地棒、桟木、セパレーター、ヌスミ、面木などの代金が含まれます。
また、サポート費用や鋼管、バタ角、処分費用、パッキン、リース費用なども資材費に該当します。
下記では資材費の1例をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。
例えば、コンパネの費用は1平米あたり300円から1,000円です。
桟木は50円から200円、セパレーターは100円から200円となります。
他にも、面木や目地棒は20円から50円という費用が必要です。
そして、ヌスミに5円から35円がかかり、サポートには50円から150円がかかります。
鋼管にかかる費用は80円から150円ほどであり、バタ角の費用は30円から50円です。
パッキンには3円から5円が必要であり、100円から200円程度の処分費用も必要です。

株式会社藤下へご相談ください!

株式会社藤下では、型枠工事のご依頼を承っております。
弊社は鉄筋を用いた耐震補強工事の技術により、自然災害にも負けないような建物づくりをご提供可能です! また、弊社は近畿一円において多くの施工実績がございますので、安心してご依頼ください。
型枠工事業者をお探しの際は、ぜひ弊社にご連絡ください。

【求人】株式会社藤下では新規スタッフを募集中

型枠工事のようす

株式会社藤下では、現場でご活躍いただける新規スタッフを募集しております。
弊社はスタッフのスキルアップの支援に、積極的に取り組んでいる点が特徴です。
中でも資格取得支援制度が充実しておりますので、仕事をしながら資格を取得できます。
型枠工事の現場スタッフとして活躍したいという方は、ぜひ弊社にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

お問い合わせ

型枠工事なら京都府京都市の株式会社藤下へ|現場スタッフ・型枠求人
【本社】
〒612-8494
京都府京都市伏見区久我東町1番地223
TEL:075-203-9275  FAX:075-201-4029

【資材センター】
〒610-0121
京都府城陽市寺田西ノ口51番地1
TEL&FAX:0774-26-5490
知りたい!型枠工事の特徴...
型枠工事にはどのような材...