型枠工事はどんな流れで行われるの?

|

こんにちは!京都府京都市に拠点を置き、型枠工事に従事しております株式会社藤下です。
この記事を読んでいる方の中には、型枠工事がどのような工程で行われるのか分からないという方もいるでしょう。
今回は、型枠工事の流れについてご紹介します。

拾い出し・墨出し

まずは、拾い出しから墨出しまでの工程を解説します。
最初の拾い出しでは、柱・壁・梁・スラブなどの形状や寸法、数量を施工図面より計算します。
そして、材料が加工できるように正確な加工図を制作する作業です。
続いて加工を行います。
加工図をもとにして、合板や桟木などの材料を加工場で切断します。
その後に、型枠に使うためのパネルの加工作業です。
次に墨出しの作業が行われ、施工図面の読み取りを行います。
それから、現場で型枠を組み立てるための壁などの位置を床に線や印として残します。

建て込み・完成

墨出しの後には、建て込みなどの作業が行われます。
建て込みでは、あらかじめ加工されたパネルを、墨出しでつけた印に合わせて建てていきます。
型枠には、精度と強度のどちらもなくてはなりません。
それらを保つために水平や垂直などのレベルを常に確認し、慎重に作業を進めていくことが重要です。
建て込みの後には、ホームタイという金物を使い鋼管角パイプで締め付けます。
続いて、各工事がほぼ完成となる時点で、補修となる箇所を点検するダメ回りが行われます。
ダメ回りの後には、コンクリートを型枠に流し込むコンクリート打設が施されるのが通常です。
コンクリートが無事に固まり、強度が出たならバールなどで型枠が取り外されます。
解体した材料を搬出し、引き渡しを行い作業は完了です。

株式会社藤下へご相談ください!

株式会社藤下では、型枠工事を承っております。
弊社は、お客様にご満足いただけるような、質の高い施工を心掛けております。
弊社の手掛ける耐震補強工事の型枠工事技術は、業界でも珍しいものです。
この技術により、安心した建築のお役に立てればと考えておりますので、型枠工事をご検討中の方は、ぜひ株式会社藤下にご相談ください。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

【求人】株式会社藤下では新規スタッフを募集中

株式会社藤下では、型枠工事の現場スタッフを募集中です。
弊社は、未経験の方も働きやすい環境を整えております。
福利厚生や資格取得支援制度などが充実しておりますので、腰を据えて働くことが可能です。
また弊社は今後の業界を担えるような、フレッシュな力を求めています。
やる気に溢れていて、施工に真摯に携わっていただける方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

お問い合わせ

型枠工事なら京都府京都市の株式会社藤下へ|現場スタッフ・型枠求人
【本社】
〒612-8494
京都府京都市伏見区久我東町1番地223
TEL:075-203-9275  FAX:075-201-4029

【資材センター】
〒610-0121
京都府城陽市寺田西ノ口51番地1
TEL&FAX:0774-26-5490
新入社員
今年の「海の日」は7月18日...