業務案内

京都市の株式会社藤下では、市内を中心に近畿一円で型枠工事を営んでおります。
独自の技術を活かし、関西の「自然災害に強い建物づくり」に貢献します。

個人・法人を問わず、新規のご依頼を承ります。信頼できる型枠工事業者をお探しなら、ぜひ私たち『株式会社藤下』にご連絡ください。

職業紹介事業

このたび、株式会社藤下は職業紹介事業を追加いたします。
全ての業界で人手不足です。
弊社も人手不足で、いつも悩んでいました。

詳しくはこちらをご覧ください。

型枠工事

コンクリート製の建物を建てるには、すでに固まった部材を持ち込んで組み立てるのではなく、現場で枠をつくり、そこに生コンクリートを流し込んで成形することで進んでいきます。そしてそのための枠をつくり、打設や解体までを一貫して行なうのが「型枠工事」と呼ばれるものです。
弊社では工程のなかで鉄筋を巧みに取り入れ、業界でも珍しい耐震補強工事を行なうことができます。これまでにマンション、学校、老人ホームに公共施設、そして高速道路にホテルと、耐久性が求められるさまざまな建物を手がけております。

施工の流れ

STEP-1

拾い出し

施工図面から、柱、壁、梁やスラブなどの形状、また寸法や数量を計算し、材料の加工ができるよう正確な加工図を作製します。

STEP-2

加工

加工図をもとに、合板や桟木などの材料を加工場で無駄が出ないように切断し、型枠に使うためのパネルを加工していきます。この工程により現場での作業の効率化が図ることができます。

STEP-3

墨出し

施工図面を読み取り、現場で型枠を組み立てるに柱や壁などの位置を、線や印で床に表していきます。

STEP-4

建て込み

事前に加工したパネルを、墨出しでつけた印に合わせて建てていく作業です。型枠には精度と強度の両立が求められます。水平、垂直といったレベルを常に確認し、慎重に作業を進めます。

STEP-5

締め付け

建て込みが終わったら、ホームタイという金物を用いて鋼管角パイプで締め付けを行ないます。コンクリート打設時には高圧がかかりますので、枠に隙間や歪みが出ないようにしっかりと締め付ける必要があります。

STEP-6

ダメ回り

それぞれの工事がほとんど完成となる時点において、補修を要する箇所などを点検し見回ることが「ダメ回り」です。コンクリートの圧力に耐え、正確な形になるよう各所点検しながら必要箇所を固め、コンクリート打設に備えます。

STEP-7

コンクリート打設

いよいよコンクリートを型枠に流し込んでいきます。生コンクリートは流動性のあるため、型枠にはかなりの側圧がかかります。そこで型枠大工は打設中、常に型枠の点検を行なう必要があり、気を抜くことは許されません。

STEP-8

解体

型枠の中に流し込んだコンクリートが固まり強度が出たら、バールなどを使用して型枠を取り外します。危険をともなう作業のため、十分に安全確保に注意を払いながら作業します。

STEP-9

材料搬出

解体した材料はすべて搬出し、持ち帰った材料を仕分けして、釘抜きを施したうえでケレンの後材料として再利用するようにしています。

STEP-10

完成・引き渡し

出来上がった躯体に問題がないか確認が済めば、清掃を行なったのち、次の作業をする仕上げ業者さまへと引き渡しを行ないます。